「ARIEL(エリアル)」(著:笹本祐一)の再映像化などを応援しています!

 書籍情報

ARIEL 01 (ソノラマノベルス)
新書: 468ページ
出版社: 朝日新聞社 (2007/12/7)

『美形艦長アバルト・ハウザーの率いる宇宙からの侵略戦艦オルクスが地球にやって来た。あわてふためく各国首脳を尻目に、日本の誇るマッドサイエンティスト、国立科学研究所所長・岸田博士は、自からの開発した女性型巨大ロボット・エリアルに、姪と孫娘二人を乗り込ませて迎撃を開始したが―。星雲賞日本長編部門賞を受賞した人気シリーズが、ノベルス合本で大復活。巻末特別書き下ろし「マイナス1話 はじめて歩いた日」150枚併録。 』


ARIEL 02 (ソノラマノベルス)
新書: 443ページ
出版社: 朝日新聞社 (2008/2/7)

『ゲドー社の経営状況の悪化から、小出しの侵略業務に終始せざるを得ないオルクスだが、迎え撃つ金喰い虫のエリアルにも難問山積。行政府に目の仇にされ、常に運用停止・廃棄の圧力がかかっている。かくして、省エネの侵略と強引な迎撃参加を狙う双方の思惑が交錯し、珍無類の駆け引きと戦いが日本と宇宙空間に展開されることになる。戦えエリアル、されど道は険し。―巻末特別書き下ろし「マイナス2話姫君と士官候補生」220枚併録。 』


ARIEL 03 (ソノラマノベルス)
新書: 490ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2008/4/18)

『和美の女子高の修学旅行を軸に、SCEBAI、ゲドー社、フログレンスと関係者すべてが古都・京都に集結して大騒ぎとなる「女子高生西へ」と、ハウザーの煮え切らない態度に業を煮やしたシモーヌがオルクスを去り、華麗な恋の駆け引き(!?)が展開される「キャリア・ガールは振り向かない」他を収録する、恐るべき女性パワー炸裂の第3弾。―巻末特別書き下ろし「マイナス3話 昭和一五年のからくり天狗」を併録。 』


ARIEL 04 (ソノラマノベルス)
新書: 445ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2008/6/6)

『シモーヌの結婚騒動でオルクスが地球を離れた隙に、宇宙海賊パスク・ダ・ルーマーがやって来た。悲壮な使命感に燃えるナミと野次馬女子高生三人の特攻を軽くあしらったダ・ルーマーは、地球に降下作戦を開始する。彼我の実力差は歴然の事態に、岸田博士は最終兵器の使用を決断し、エリアルに作戦名“プロジェクト・H”の出動を命じた。今日も宇宙は大騒然。巻末に特別書き下ろし「マイナス4話 妖精と魔法使い」を収録。』


ARIEL 05 (ソノラマノベルス)
新書: 464ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2008/12/19)

『倒産したゲドー社の吸収・合併を図るゲルニカの三男坊トムの活動が始まった。それを阻止しようとダイアナもオルクスに乗り込んでくる。前門の虎に後門の狼、進退窮まったハウザーに、さらに絶体絶命の厄介事が押し寄せてきた。暗黒湾で目覚めた伝説の怪物が、進路上の星々を飲み込みながら地球に向かってきたのだ。巻末特別書き下ろし「令嬢と大泥棒」を加えた充実の第5弾。 』


ARIEL 06 (ソノラマノベルス)
新書: 447ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2009/7/21)

『半世紀以上前に長崎に投下されたはずの原子爆弾が、搭載機ごと、タイムトラブラー・ユリの手でSCEBAI基地に持ち込まれ、歴史の改変を阻止しようとする時間管制局との戦いが始まった。それに決着がつくや否や、今度は宇宙人が仕掛けた情報戦争が勃発した。始動したばかりの進化型エリアルは思わぬ連戦を強いられる。巻末特別書き下ろしは「電子頭脳の騙し方教えます」。 』


ARIEL07 (ソノラマノベルス)
単行本: 464ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2009/9/18)

『岸田博士のお騒がせ実験を手伝ったばかりに時空間の歪みに放り込まれて悪戦苦闘する美亜の前に、原爆搭載機事件の時に一戦を交えた時間管理局員が現われる「昨日の時計と明日の記憶」と、銀河帝国激震の前触れか、侵略会社相手の帝国第三艦隊の不可解な動きを無敵超人セイバーの帰還騒動に絡めて描くノベルス合本第7弾。巻末特別書き下ろしは「戦士と乙女」。』


ARIEL08 (ソノラマノベルス)
新書: 416ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2010/1/20)

『侵略会社フログレンスの遊撃艦隊と銀河帝国第三艦隊が火星近傍空域で戦闘の火蓋を切り、地球周辺はにわかにあわただしさを増した。だが、その衝突が中央の核恒星系で仕組まれたものであることを看破する意外な人物がいた。超人セイバーやオルクス艦長を動員して開始された危機回避は果たして功を奏するのか!?巻末特別書き下ろし「夢見る機械人形」を加えておくる第8弾。 』


ARIEL09 (ソノラマノベルス)
単行本: 424ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2010/8/20)

『銀河帝国第三艦隊が開催する艦隊開放に参加しようと、内紛の主役たちが火星近傍空域に集結した。真の敵は誰か。一大イベントの裏で情報戦と電子戦が開始され、一触即発の危機が続くなか、岸田博士は全地球規模での宇宙作戦を展開してオルクスに接近を図り、ファースト・コンタクトを開始した。初の未来編となる巻末特別書き下ろし「終わりなき戦い」を併録する第9弾。』


ARIEL10 (ソノラマノベルズ)
単行本: 440ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2011/5/20)

『銀河帝国の内紛終息に一役買って地球に凱旋する岸田博士を待っていたのは、入手した宇宙人の超技術の独占を狙う大国のパワーゲームだった。軟禁状態の国連からエリアルごと脱出した岸田博士はSCEBAIに向かい、アメリカに事実上の宣戦布告をするが―。星雲賞受賞の全52話傑作シリーズ、ここに完結。巻末に特別書き下ろし「終わりなき戦い」を併録。 』


ARIEL EX (ソノラマノベルス)
単行本: 464ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2011/7/20)

『地球侵略業務を成功裡に終えて核恒星系に帰還するハウザー艦長だが、その表情は冴えない。姉ダイアナの指示で、オルクスの代替艦探しやアルビオロンへの帰郷という難問が待ち構えているのだ。そしてそこになんと結婚話までが!?胸を張れ、ハウザー、両手に花の凱旋だぞ!―宇宙人側の後日譚を描くノベルス合本番外編。巻末に特別書き下ろし「終わりなき戦い(後編)」を併録。』


ARIEL SS 銀河編 (朝日エアロ文庫)
文庫: 344ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2014/11/20)

『地球外からの侵略に対抗するべく、日本の科学者たちが考え出した方法、それは女子高生パイロットによる巨大ロボットだった!?
「モーレツ宇宙海賊」原作者の名作シリーズ『ARIEL』のよりぬきエピソードが、初のオリジナル文庫化。
【目次】
 姫君と士官候補生
 妖精と魔法使い
 令嬢と大泥棒』


ARIEL SS 地球編 (朝日エアロ文庫)
文庫: 384ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2015/2/20)

『地球外からの侵略に対抗すべく、日本の科学者たちが考え出した方法、それは女子高生パイロットが乗る巨大ロボットだった!?
「モーレツ宇宙海賊」原作者による、名作シリーズ『ARIEL』のよりぬきエピソード初のオリジナル文庫化。
【目次】
 初めて歩いた日
 電子頭脳の騙し方教えます
 夢見る機械人形
 昭和一五年のからくり天狗』


コメント

お名前: コメント:

0876440

個人的なメモ最新30件

≫一覧ALL