No355

Page :: No355 / Web版 / 05


昭和天皇の手紙

 昭和天皇のお誕生日の「昭和の日」ということで、半藤一利氏の『あの戦争と日本人』の(第11章・昭和天皇と日本人)に『昭和天皇の手紙』と題され、皇太子に書かれたお手紙を読ませていただくことにします。

 昭和天皇の「あの戦争に対して」の意いを、このお手紙から推測させて戴けると想いました。
【昭和の日本人がフィクションを信じきったこと、また精神力を過信したこと、そのことにふれた貴重な史料があります。】という書き出しにはじまります。

 この文は、ジャーナリストであり、今上天皇の御学友でもある橋本明氏が発掘された、当時11歳の皇太子(現天皇)にあてられた、昭和天皇のお手紙です。日付は昭和20年9月9日。昭和天皇が、アメリカ大使館にマッカーサー元帥を訪ねられたのが、9月27日ということです。
 全文を引用させて戴きます。

「手紙をありがとう しっかりした精神をもって 元気で居ることを聞いて喜んで居ます。
 国家は多事であるが 私は丈夫で居るから安心してください 今度のような決心をしなければならない事情を早く話せばよかったけれど 先生とあまりにちがったことをいうことになるので ひかえで居ったことをゆるしてくれ 敗因について一言いわしでくれ

 我が国人が あまりに皇国を信じ過ぎて 英米をあなどったことである
 我が軍人は 精神に重きをおきすぎて 科学を忘れたことである
 明治天皇の時には 山県 大山 山本等の如き陸海軍の名将があったが 今度の時は あたかも第一次世界大戦の独国の如く 軍人がバッコして大局を考えず 進むを知って 退くことを知らなかったからです

 戦争をつづければ 三種神器を守ることも出来ず 国民をも殺さなければならなくなったので 涙をのんで 国民の種をのこすべくつとめたのである
 穂積大夫は常識の高い人であるからわからない所あったらきいでくれ
 寒くなるから 心体を大切に勉強なさい」

 これが全文ということです。
 半藤氏が、この後に、昭和天皇の皇太子に書かれた文「あまりに皇国を信じ過ぎ・・・」
「精神に重きをおきすぎ・・・」という文に、【肯綮(こうけい)に当たる至言よ・・・】
 と一読したときの感想を書かれています。
 そして、それにもまして当時の軍人政治家たちの名前があげられ【軍人がバッコして大局を考えず進むを知って 退くことを 知らなかった】という文の後に、

 それにつけでも思うのですが、日露戦争という国難のさいには、明治天皇をかこむ政治家・軍人・外交官には、真にすばらしい識見と能力と責任感をもった人達がいたということですよ。かれらの輔弼および輔翼のよろしきをえで、明治天皇は国の大事を過たず乗り切ることができた。
 それにたいして、昭和の大国難においでは、軍部の名将も、また暴走する軍人を抑えきれる名政治家も外交官もまわりにはいなかった、そう昭和天皇が皇太子にだけ語っていると読めますね。

 この半藤氏の文からは、明治の日露戦争には、明治天皇をかこむ政治家・軍人・外交官は、真にすばらしい識見と能力と責任感をもった人達がいたということ。
 それに対して、昭和は、軍部の名将、軍人を抑えられる人材がいなかったということを、昭和天皇が、皇太子にだけ語っておられたという御心境を、推測させて頂くのです。
 このようなお手紙を読ませていただけるなどは、戦前では考えられないことでした。
 こうした昭和天皇の御心を更に深く教えていただくのに、次の章、昭和天皇が、御祖父である明治天皇のお歌を心に秘めておられたことが書かれてある文です。






【検索サイト(Yahoo!やGoogle等)を利用した際の、検索結果について】
 当サイト名等を検索した際に、その検索結果に当サイトの他に、まったく当サイトと関係ない広告目的(営利目的)のサイトが表示されることがあります。中には悪質な誘導サイトが含まれる場合があります。当サイトの検索ランクが高いためですが、それらの無関係なサイトは、当サイトとは一切関係ありませんのでご注意ください。また、そのような無関係のサイトを閲覧した場合は一切関知しませんのであらかじめご了承願います。(2011/04/16)
【ページのスタイル(デザイン)の自動変更について】
 2006/10/10からページのスタイル(デザイン)が自動的に切り替わる事があります。これはその時点でのサイト・スタイルに最適化されて作成されているためです。
 表示の異常等ではありませんのでご安心ください。
【表示について】
 このサイトはFirefoxでの表示に最適化されています。IEですと表示が乱れる場合がありますのであらかじめご了承ください。
 閲覧の推奨は、五十鈴さんの環境(フルHD1920x1080)を基準にしております。(2013/04)
【原版表示廃止のお知らせ】
 これまで当サイトではWeb版とあわせて原版も表示させていましたが、原作者の五十鈴さんと協議の結果、2006年9月25付更新分(No63)からWeb版のみの表示になりました。
 Web版の制作は、五十鈴さんがDTPで執筆して印字したもの(A4版の原版)を元に、なるべく原版と同じようになるように再現しております。そのため、通常のWebページの書式とは違ったレイアウト構成になっております。画面サイズによっては表示の乱れる場合がある点をあらかじめご了承ください。
 「五十鈴さんのオリジナルの原版が欲しい!」という方は、下記のお問い合わせメールアドレスにてお知らせください。(若干の印刷料や送料を負担していただくことになると思いますのであらかじめご了承ください)

mailto:tiny-pot@fruits.jp

お問い合わせ等はメールにてこちらまで。

 このサイトの内容のすべて又は一部の無断掲載や無断引用を禁止します。
 また、このサイトの内容のすべて又は一部の掲載や参照や引用の許可は、内容の性質上、各頁の枠単位ごとにすべて別々に許可申請が必要となりますので、予めご了承願います。
 各ページの著作権は、それぞれの原作者に帰属します。
リンクの登録は必ずhttp://awa.dee.cc/index.htmlでお願いいたします。
(各頁への直リンクは構いませんが、更新の都合で予告なく各頁のURLが変更されます)

http://awa.dee.cc/index.html リンクを登録するときは、
こちらのバナーをお使いください。

Produce by FULTAIP.


1857574